理学療法士になりたいなら専門学校に通うのが世の常

男性

歯科医療に欠かせない職種

歯科技工士は、歯科医療に必要な義歯やマウスピースなどを制作する専門職です。専門学校・短大・大学などに設けられた養成コースで学んだ後、国家試験に合格することで資格が得られます。学習期間は学校によって2〜4年とさまざまです。

集中的に学びたいのならば

ウーマン

仕事をしながらでも学べる

理学療法士は、怪我や病気から負った障害から回復又は痛みの軽減、そのほか悪化の予防のためにリハビリを行う専門家です。リハビリの方法では運動療法や物理療法などがあり、人に頼らず自立して生活することができるよう医学的に支援する立場といえます。その理学療法士になるためには、資格を取得しなければなりません。その資格を取るためには、大学又は専門学校に通ってスキルを習得し、資格取得の試験を受けることが必要です。大学では一般知識を学ぶ授業が含まれ、理学療法士以外の勉強もしなければなりませんが、専門学校の場合は理学療法士の勉強のみを行い、集中的にスキルを習得するために学ぶことができるといわれています。理学療法士の資格を取るために、なかには社会人として働いている人もいます。そのような人の場合は仕事をしながら通うこともあり、資格を取りたいと想っても学校に通えないこともあります。そんな仕事をしている人でも学ぶことができるように、専門学校によっては夜間部を備えているところもあります。専門学校で学ぶために必要となる学費は、年間100万円を超えてしまうところが多くあり、国公立の大学に比べると高くなりますが、学校によって費用を負担してくれるところもありますし、奨学金を利用しながら通う人もいます。理学療法士の資格を取ることができれば、障害によって生活に支障をきたして困っている人の役に立つことができるようになります。人から感謝されることが多く、理学療法士として働き、感謝の言葉を遣り甲斐に感じているという人もたくさんいます。

メンズ

リハビリのプロになる

理学療法士の資格を取るためには、学校に通う必要があります。学校によって実習先は違うので、自分の就職したい現場で実習できる学校を選びましょう。国家試験に合格すれば、医療だけでなくスポーツや高齢者施設など、様々な場所で活躍できます。

看護師

資格取得のための学校選び

将来看護師を目指している人は看護学校に入学する必要があります。看護学校は、日本全国にたくさんあるので、まずは自分の行きたい学校を見つけましょう。そして、実際にオープンキャンパスなどに足を運び、志望校合格に向けて自分の偏差値を高めていきましょう。