理学療法士になりたいなら専門学校に通うのが世の常

勉強

リハビリのプロになる

メンズ

患者をリハビリでサポート

理学療法士は国家試験を通過した人だけが名乗ることのできる資格です。そのため、理学療法士になるためには、まず受験資格を得ることが必要となります。受験資格は、大学や専門学校に通い、学校で知識や技能を取得することで得ることができます。学校では、国家試験に向けたものと実際の実務で必要なことを学びますが、大きくは4つのカテゴリに分かれます。一般教養科目、専門基礎科目、専門科目、臨床実習です。専門科目や臨床実習の派遣先などは、学校によってことなるため、自分が将来なりたいイメージや取得したいと考えるものに近い学校を選択することがポイントんです。理学療法士としての国家試験を通過した後は、様々な場所で活躍の場があります。イメージしやすい場所としては、病院内でのリハビリ施設があげられます。また、介護施設のリハビリテーション施設も多くの理学療法士が活躍する場所です。国家試験を必要とする資格であるがゆえに、免許を直接的に活用し、リハビリテーションを行うということがイメージされがちですが、それ以外にも可能性は様々にあります。理学療法士は、動作のプロであるため、その技能を生かし、スポーツチームに所属することもあります。それに近いところでは、スポーツクラブ等の健康増進を促進する施設での活動も考えられます。また、実際の動作の指導だけでなく、それらの知識を活用して、高齢者向けの行政サポートや障碍者向けのサービスサポートなど、様々な場面で活躍の可能性を秘めています。