理学療法士になりたいなら専門学校に通うのが世の常

勉強

歯科医療に欠かせない職種

歯

専門知識と技能が必要

歯科技工士は、入れ歯や差し歯、かぶせ物など、歯科医療に必要な治療材料の制作を手がける専門職です。また、矯正器具やマウスピースといった治療用装具の制作にも携わります。いわゆる業務独占資格であり、国家資格を持っていないと歯科技工の仕事に就くことはできないため、非常に安定した身分の職種であると言えます。歯科技工士の資格を取得するには、専門の養成機関で学び、必要な知識や技能を身につけた上で国家試験に合格する必要があります。2016年現在、養成機関は全国に50校あまりが存在します。そのほとんどは2年制または3年制の専門学校で、他に短大と4年制大学が数校あります。歯科技工士の資格は1種類のみであるため、学習期間が2〜4年のいずれであっても得られる資格は同じです。そのため、少しでも早く仕事に就きたいと考えるなら、2年制を選択するのが良いということになります。ただ、3年制または4年制の場合はカリキュラムに余裕がある分実習に多くの時間を割く傾向が強く、実践的な学習の機会が豊富であるというメリットがあります。また、歯科技工士の主な就職先は歯科技工を請け負う一般企業となりますが、会社によっては専門学校卒と大学卒とで初任給に違いを設けているところがあります。なお、近年では歯科技工の現場でもIT化が進行しており、特にインプラントの制作においてコンピュータは必需品と言われています。最新の技術を取得したいのであれば、こうしたIT関連の授業を多く取り入れている養成機関を選ぶのが得策です。